NEWFACE CASE 33
9年ぶりのノンステップバスその2〜大分バス日野ブルーリボンII(2008年4月24日)
 NEWFACEのコーナーは前回に引き続き、9年ぶりの新規デビューとなったノンステップバスの話題をお送りします。

 大分バスの日野ブルーリボンIIは2月の登録。昨年3台が導入されたワンステップの同型車と同じく、西日本車体製のB-Iボディを架装しています。
 配属先は佐伯営業所。オーソドックスな路線用シートを装備しながらも、「大分〜佐伯線」の長距離運用で使用を開始しています。画像を提供いただいたわかあゆ626さんによると、短距離の利用客には好評である一方、長距離客や運転士の方々には少々きついとのことでした。
 なお、型式は“PKG-KV234N2”、ナンバーは。固有の社内コードは12830となっています。

大分バス・西工ボディ日野ブルーリボンIIノンステップバス(371)

 大分バスの日野ブルーリボンII。大分交通もそうでしたが、ハイバックシートでないにも関わらず長距離運用に抜擢させた件についての賛否はともかく、両社ともより幅広いエリアの住民にノンステに乗車できる機会を設けた姿勢は評価したいところです。

大分バス・西工ボディ日野ブルーリボンIIノンステップバス・リア(371)

 リアスタイル。車外のどこを見渡しても「ノンステップバス」の表記はなし。折角広範囲での運行を実施しいるわけですので、何か一目で周知させる表記はあってもよかったかなと感じました。撮影箇所は金池バスターミナル。