NEWFACE CASE 32
9年ぶりのノンステップバスその1〜大分交通いすゞエルガミオ(2008年4月19日)
 1999年以来9年ぶりとなるノンステップバスが大分交通、大分バスに1台ずつ登場しました。10月開催予定の「チャレンジ!おおいた大会(全国障害者スポーツ大会)」に向けた動きの一環とはいえ、これまでワンステップバスでの低床化が主流であった県内の路線バスに新風を吹きこんだのは間違いなさそうです。

 今回は、1月導入の大分交通いすゞエルガミオを紹介。それまで唯一のノンステップバスもエルガミオだったため、このブランドでは通算2台目の登録となりました。
 配属は国東営業区で、国大線を中心とした運用に就役中。ただし、長距離運用が主体ながらも、シートは通常と同じものが採用されており、ハイバックシート装備の初代エルガミオノンステとは好対照を成しています。型式は“PDG-LR234J2”、ナンバーは「大分200か・3 69」。なお、方向幕は大分交通でも標準となりつつあるLED仕様となっています。

 大分バスの日野ブルーリボンIIは次回紹介予定です。

大分交通・いすゞエルガミオノンステップバス(369)

 大分交通いすゞエルガミオノンステップバス。どういうわけか、廃止されたと思われていた社内コード(KUI764)が復活しています。今回だけの事例となるのでしょうか・・・?

大分交通・いすゞエルガミオノンステップバス・リア(369)

 リアスタイル。単に見落としているだけなのかもしれませんが、画像を見る限り「国土交通省認定ノンステップバス標準仕様」のステッカーが見当たらないのは気になるところです。また、車両のどの箇所にも「ノンステップバス」の表記が見られない点も勿体無さを感じます。撮影箇所は2枚とも新川バスセンター。