NEWFACE CASE 27
大分バス、各用途に10台以上の新車を導入(2007年10月8日)
 大分バスは8月から9月にかけて、「西工製日野ブルーリボンII」「新型セレガ」を含む合計10台以上の新車を導入しました。

 路線バスは9月、西工製日野ブルーリボンII(型式:PJ-KV234N1)を県内事業者で初採用。西工製大型路線バスの導入は1998年以来9年ぶり、フロントガラス左右対称の大型B-Iボディとしては1986年以来22年ぶりで、昨年の純正車と同様、11mクラスでの導入です。また、公式側ワイパー右側とリアガラス右下の両方に、メーカーロゴが貼付されています。この他、日野レインボーII4次車(型式:PA-KR234J1)も6台導入されており、うち1台は佐伯営業所の配属となりました。

 高速バスは8月、三菱エアロバス(型式:PJ-MS86JP)を3台購入。県内高速バスでは初となるLEDを装備している点が大きな特徴で、福岡線用がスイングドア、中央部トイレ、2+1の3列シートであるのに対し、熊本線用は折戸、後部トイレ、2+2列の4列シートとなっています。なお、LEDの内容は「とよのくに号」と「やまびこ号」で若干の相違点あり。

 貸切バスは9月下旬、大分バス初の新型セレガ(型式:PKG-RU1ESAA)を納車。現時点で判明しているのは中央営業所配属の1台で、同社初の新長期規制適合車、セレガブランドでのJBUS製造観光型バス導入は天領観光に続き2社目の事例となります。

※42169・12827・12828以外は全てわかあゆ626さん撮影。また、大分バス所有の敷地内は全て許可を得て撮影。

大分バス・三菱エアロバス(335)

 まずは三菱エアロバス、42167(大分200か・3 35)から紹介。同車両と42168は福岡線“とよのくに号”用途。

大分バス・三菱エアロバス(335・リア)

 42167のリア。LEDとはなったものの、方向幕の位置そのものに変化はありません。

大分バス・三菱エアロバス(336)

 42169(大分200か・3 36)。42167と同じく“とよのくに号”を担当。ここまでは中央営業所での撮影です。

大分バス・三菱エアロバス(337)

 42169(大分200か・3 37)。熊本線“やまびこ号”で運行中のところを大分市下郡にて撮影。なお、三菱の観光モデルは先ごろフルモデルチェンジし、それぞれ「エアロクイーン」「エアロエース」として貸切バス用車両の発売を既に開始しています。高速バス仕様についても近い将来の発表が予想されるため、現行のエアロシリーズ導入はこれが最後となりそうです。

大分バス・西工製日野ブルーリボンII(344)

 続いて西工製ボディ架装の日野ブルーリボンII、12819(大分200か・3 44)。ボディ自体はもちろん、中ドアより後部の窓割も純正と比べて相違点が見受けられます。撮影箇所は大分市府内町。

大分バス・西工製日野ブルーリボンII(345・リア)

 12819のリア。西工製日野ブルーリボンIIでは最も特徴的と言える部分です。リアウィンドーこそ西工らしい仕上がりですが、エンジンカバーは純正車の原型が色濃く残る形に。コンビネーションランプも純正品と思われ、西工製エルガミオ同様、リアデザインは純正車と西工車を足して2で割ったようなスタイルと言えそうです。

大分バス・西工製日野ブルーリボンII(345)

 12820(大分200か・3 45)。

大分バス・西工製日野ブルーリボンII(346)

 12821(大分200か・3 46)。ブルーリボンIIは全車、中央営業所の配属です。

大分バス・日野レインボーII(347)

 日野レインボーIIは大分、佐伯市内用に6台を登録。12822(大分200か・3 47)。

大分バス・日野レインボーII(348)

 12823(大分200か・3 48)。12821と共に中央営業所に配置。

大分バス・日野レインボーII(350)

 12824(大分200か・3 50)。南営業所に配属されています。

大分バス・日野レインボーII(351)

 12825(大分200か・3 51)。

大分バス・日野レインボーII(352)

 12826(大分200か・3 52)。12825と826はいまのところ、配属営業所不明です。以上、ここまでは金池バスターミナルでの撮影。

大分バス・日野レインボーII(353)

 12827(大分200か・3 53)。昨年に続く佐伯営業所へのレインボーII導入で、同所のワンステップバスの総数はこれで4台となりました。撮影は佐伯営業所にて。

大分バス・JBUS製日野セレガ(360)

 最後に日野新型セレガ、中央所属の12828(大分200か・3 60)。近未来的なスタイルに伝統の貸切カラー、早速メールにて「なかなか似合っている」との評価を頂いています。

大分バス・JBUS製日野セレガ(360・リア)

 12828のリア。リアのマーカーランプはリアウィンドー両端に装備されており、ボディとの一体感が図られています。なお、新型セレガの撮影箇所は中央営業所。