NEWFACE CASE 21
西鉄の“ひた号”用スペースランナーRA、さらに3台が加入(2007年3月4日)
 「新長期規制+重量車燃費基準」適合車として、“ひた号”用に昨年6月に4台が初導入された西鉄バスのスペースランナーRAですが、新たに3台が登録を受け、同年12月頃から運行を開始しました。型式は前回と同じく“PKG-RA274TAN”で、前回とほぼ同じ仕様と推測されます。
 なお、今回の新車導入により3032が西鉄高速バス本社へ、3155と3243が同北九州支社へ転属となりました。(情報協力…急行玄海さん、けんちゃん)

西鉄バス・スペースランナーRA(314)

 大分200か・3 14、社内コード9531。日産ディーゼル製車両のボディが西日本車体工業製に一本化された2003年以降、UD製車両の激増した西鉄ではこれまでの“5000”“6000”番台に加え、“9000”番台も使用されるようになっていますが、それも既に半分以上を消化しています。

西鉄バス・スペースランナーRA(315)

 大分200か・3 15、社内コード9532。ここまでがYouheiさん提供の画像です。ありがとうございました。(撮影箇所はどちらも福岡市天神と推測)

西鉄バス・スペースランナーRA(316)

 大分200か・3 16、社内コード9533。

316のリア

 9533のリア。ナンバープレート左上の“四角い穴”は、一部では消防車のホースを差し込むためのものと言われてはいますが・・・? 真相はいかに。(以上、日田バスセンターでの撮影)