NEWFACE CASE 15
大分バス、ぶんご用にエアロクイーンIを導入(2006年8月28日)
 大分バスは今年初の新登録車として、ぶんご用にエアロクイーンIを1台導入しました。同社の「ぶんご号」用車両としては史上初の三菱製採用で、メーカー純正ボディとしても初めての事例となりました。また、エメラルドカラーとしての登場は12764(大分200か・・ 35)以来6年ぶりのことです。新たに、ロール式のリア方向幕を上部に設置しています。  なお、型式は“PJ-MS86JP”、ナンバーは「大分200か・2 94」。社内コードは42163。8月5日から運用を開始しています。(情報協力…耶馬台1号さん)

大分バス・ぶんご用「エアロクイーンI」

 導入されたばかりの「ぶんご用」エアロクイーンI。久しぶりとなるエメラルドカラー車の登場です。この画像を撮影させていただいたその夜、高速バス運用としての第一歩を踏み出しました。

同リア

 リアスタイル。特筆すべき点はやはり、リア方向幕の採用でしょう。幕自体の大きさは、ここ最近の同社高速バス車両を同一。また、これまでより太めのローマ字による社名表記も目立ちます。