NEWFACE CASE 12
日豊観光、新短期規制に対応した三菱製9m級大型貸切を2台導入(2006年5月17日)
 日豊観光は4月、新車の9mエアロバスを2台導入しました。型式はPA-MM86FHで、ナンバーはそれぞれ大分200か282と283。新短期規制対応のエアロバスは、県内では“PJ-”規制のフルサイズ車が大分エアポートバスに1台存在するものの、“PA-”規制の9mクラスはこれが初めてとなりました。昨年は全車移籍車とはいえ、15台にも上る貸切バスを一挙に購入。大きな驚きを提供した同社でしたが、新車での車両購入は意外にも、開業当初以来の出来事となります。

日豊観光・新短期規制エアロバスMM(282)

 “N-35”の社内コードを与えられた、大分200か・2 82。下関遠征の当日、偶然にも大分駅前で撮影できました。

日豊観光・新短期規制エアロバスMM(283)

 こちらは日豊観光本社にて撮影の、大分200か・2 83。社内コードは“N-36”。

283のリア

 283と昨年購入の241(U-MS826P、社内コード“N-26”)のリアを比較。ナンバー両側面にブレーキランプが追加された他、従来のランプにも若干の配置変更が見られます。