NEWFACE CASE 8
日田バス、長距離路線用に移籍車を2台購入(2005年12月18日更新)
 2005年秋、日田バスが九州急行から元「九州号」の2台の移籍車を購入しました。いずれも長距離路線へ投入され、同年12月現在、福岡〜湯布院線「ゆふいん号」や福岡〜黒川温泉間の試験運行バスで活躍を始めています。型式はU-MS826Pで、ナンバーはそれぞれ「大分200か・2 58」と「同・2 59」となっています。ニューエアロバスがベースの西工製長距離用車両購入は、生え抜きを除けばこれが初めての事例となりました。

日田バスU-MS826P(259)

 納車されて間もない頃に撮影した、日田バスU-MS826P(大分200か・2 59、日田バス本社にて撮影)。アンドン方向幕のおかげか、従来車両よりスッキリした印象を持ちます。移籍時に車体更新も受けた模様で、一見すると新車のようにも見えます。