NEWFACE CASE 38
エアロエース・ノンステ・エアロミディ-S等々総勢14台!大分バス2008年新車(長距離・中型路線バス編)(2008年10月8日)
 大分バスは8月から9月にかけて、各用途に14台の新車を導入しました。

 長距離仕様の2台はいずれも三菱・エアロエース(型式BKG-MS96JP)。MS9系の三菱製観光型バスは県内では日豊観光バスに続いて2例目ですが、長距離バスとしては今回の導入が初めてとなりました。それぞれ大分〜鹿児島線“トロピカル”、大分〜福岡線“とよのくに”の2路線で活躍を始めています。

 一方、路線バスは西工ボディが中心のラインナップ。2月に続いての加入となったノンステップバス3台(日野ブルーリボンII・同PKG-KV234N2)と、九州でもこれまで導入例がなかった三菱エアロミディ-S(PDG-AR820GAN)2台が西工ボディを架装。継続して導入の続く日野レインボーII(PDG-KR234J2)も3台が追加されています。

 貸切バスでは前年に引き続き、日野セレガ(同PKG-RU1ESAA)を選択。今回も中央、南に各1台の追加となっています。

 2月に導入されたノンステップバス1台を含め、今年の新車台数は15台。「チャレンジ!おおいた国体」開催も控えていた為か、結果的にかなりまとまった数の新車登場となりました。

大分バス・三菱エアロエース(383)

 まずは三菱エアロエース2台から。42170(大分200か・3 83)は鹿児島線を担当。車内は未確認ですが、これまで同様独立3列シートを装備捨ているものと思われます。

大分バス・三菱エアロエース(384)

 一方の42171(大分200か・3 84)は福岡線用。従来どおりの2+1の3列シートで、こちらも車内設備に大きな変更はないようです。

大分バス・三菱エアロエース・リア(384)

 42171のリア。“OITA BUS”の大きな車内ロゴは見られるものの、メーカー、ブランド名を表すロゴは見当たりませんでした。撮影箇所は3枚とも中央営業所構内。なお、ここまではわかあゆ626さんから頂いた分です。ありがとうございました。

大分バス・三菱エアロミディ-S(387)

 県内初導入(ひょっとすると九州内でも初登場か?)となったエアロミディ-Sも2台。42172(大分200か・3 87)は今回導入の路線バスの中ではおそらく、最も早くデビューしたものと思われます。本社前2番のりばにて撮影。

大分バス・三菱エアロミディ-S・リア(387)

 エアロミディ-Sの最たる特徴は、やはりリアスタイルにあると言ってもいいでしょう。車体そのものは西日本車体工業の担当ですが、バンパーのみ“PA-”規制時の純正エアロミディとほぼ同様のものを装着。その結果、リアスタイルはこれまでの西工路線車にない独特なものとなりました。画像は42173のリアで、昭和通り交差点での撮影。

大分バス・三菱エアロミディ-S(388)

 42173(大分200か・3 88)。エアロミディ-Sは2台とも中央営業所の配置で、管内の幅広い路線で活躍を始めています。この車両の撮影箇所は県庁北交差点付近。

大分バス・日野レインボーII(389)

 2005年から導入が始まった日野レインボーIIも、今回からは“PKG-”規制となってリニューアル。12831(大分200か・3 89)の撮影箇所は42172のリアの時と同じく、県庁北交差点付近。

大分バス・日野レインボーII(390)

 12832(大分200か・3 90)。“PKG-”規制となり、ヘッドライトが角2灯仕様に改められています。ヘッドライト2灯は初代レインボーに多く存在したわけですが、まさかいすゞとの統合モデルで復活を遂げようとは・・・ 撮影は竹町大分銀行前です。

大分バス・日野レインボーII(391)

 12833(大分200か・3 91)。今回導入のレインボーII3台は全て、大分南営業所に配置されています。金池バスターミナルにて撮影。

 大型路線バス、貸切バス新車については次回更新時の紹介とさせていただきます。もうしばらくお待ちください。
NEWFACE過去ログ
CASE各事業者の導入状況更新日時
37亀の井バスの貸切新車“スペースウィング”、今年は2台がお目見え2008年10月8日
36ちょっとしたサプライズ?西鉄高速バスの“SD-I”が日田バスに移籍、2台目の“西工C-I”等も2008年10月8日
35空港特急に新たな風、大分交通エアライナー用いすゞガーラ2008年8月20日
34県内初の“新長期規制”エアロ、日豊観光バスにてデビュー2008年8月20日
339年ぶりのノンステップバスその2〜大分バス日野ブルーリボンII2008年4月24日
329年ぶりのノンステップバスその1〜大分交通いすゞエルガミオ2008年4月19日
31西鉄バスの別府線“とよのくに号”に“KL-”規制のS型スペースアロー登場2008年4月13日
30大手以外でも新顔続々、中小事業者2007年の新登録車2008年4月13日
29日田バス、高速バス用途では初となる西工C-Iボディ車登場2008年1月9日
28西鉄バスの“ひた号”用スペースランナーRA、5台追加で総数は2ケタの大台に2007年12月5日
27大分バス、各用途に10台以上の新車を導入2007年10月8日
26亀の井バス、県内初のE-III型スペースランナー等新車6台を導入2007年9月9日
25大分交通、県内初となる西工製エルガミオ等新車7台を導入2007年9月9日
24大分交通も三菱純正高速バス導入、3社の「ぶんご号」メインストリームがエアロクイーンで統一2007年5月31日
23国東観光に2台目のリエッセは、「どこかで見たような」デザイン2007年5月31日
22大交北部バス、合併・社名変更後初の新車は「いすゞエルガミオ」2007年5月18日
21西鉄の“ひた号”用スペースランナーRA、さらに3台が加入2007年3月4日
20大分バスの2006年秋冬新車(路線バス編)2007年3月4日
19大分バスの2006年秋冬新車(長距離・貸切バス編)2006年12月21日
18亀の井バス、貸切と夜行高速用に2台の新車を投入2006年11月29日
17大分交通、地デジに対応した三菱純正貸切車を2台登録2006年10月22日
16大分交通、エアライナー用にスペースランナーRAを2台登録2006年8月28日
15大分バス、ぶんご用にエアロクイーンIを導入2006年8月28日
14県内初の新型セレガ登場、日田市の天領観光に2台が加入2006年8月28日
13県内初の「新長期規制+重量車燃費基準」適合車、スペースランナーRAを西鉄が導入2006年8月28日
12日豊観光、新短期規制に対応した三菱製9m級大型貸切を2台導入2006年5月17日
11亀の井バス、UD製ワンステップ中型路線車を4台投入2006年5月17日
10速見観光、初の大型バスを購入2006年2月12日
9大分バス、日野レインボーIIを10台購入2006年1月28日
8日田バス、長距離路線用に移籍車を2台購入2005年12月18日
7日豊観光バスが貸切バスを大量購入(2)2005年10月6日
6大分バス、高速・貸切の新車を4台導入2005年9月25日
5亀の井バスが貸切・高速バス新車導入、貸切車はデザインも一新2005年9月4日
4日田バスが西鉄グループから路線バスを購入2005年9月4日
3日豊観光バスが貸切バスを大量購入2005年8月7日
2日田バスが貸切車両を1台導入2005年7月31日
1大分バス・大野交通がレインボーIIを1台づつ導入2005年2月6日