県西部の雄、日田バスは1936年創立。県内大手4社のうちの一つに数えられ、日田市と日田郡・玖珠郡を運行範囲としています。大分交通・亀の井バスと同じく西鉄の資本を受け入れていますが、西鉄と共通点の多いボディカラー、同グループからの多数の移籍車にから推測できるように、県内で最も西鉄色が強い事業者といえそうです。

【車両コードのつけ方】
 日田バスでは西鉄グループとは違い、車種別に次のような、オリジナルの車両コードを付与しています(一部例外あり)。
  100・200番台…中型乗合バス
  300番台…特殊形状のバス
  400番台…大型長距離バス
  500番台…大型貸切バス
  600番台…小型乗合バス

CONTENTS最終更新
乗合バス2007年3月10日
高速・急行バス2007年12月9日
貸切バス2007年3月10日
日田市街地循環バス(特設ページ)2003年7月13日