豆田ルート

 日田市民の憩いの場である月隈公園、歴史的な町並みが印象的な豆田町を走る豆田ルートに抜擢された車両は、 日田バスでは最新鋭の日野リエッセ・車番623(KK-RX4JFEA・2001年式・大分200あ・・29)でした。側面には同社の小型路線車としては珍しく黒メトロ窓を、車内はハイバックシートを備え、路線はもとより貸切としても使用可能な仕様が特徴です。また、従来のリエッセではフロントガラスとヘッドライトの間に方向幕がありましたが、同車は幕の位置がフロントガラス内側に変更となり、よりスッキリしたデザインとなりました(なお、循環バス実施期間中は、方向幕の上にシールを貼っていました・・・)。

日田バス623
 豆田ルート担当の日野リエッセです。フロントガラス上部にある方向幕の上から、「市街地循環バス実験運行中」と書かれたシールを貼り付けています。

日田バス623の側面
 豆田ルート車を側面から。車体には赤い帯が巻かれ、市街地循環バスであることをわかりやすく示しています。

日田バス623のサボ
 サボの部分です。通常の枠で書ききれなかったためか、2枚分を使って表示しています。

100円マーク
 車体側面の後部には100円マークが。ワンコインバスであることが一目でわかります。