OITA TRAFFIC STATION BBS過去ログ(721〜740)


721 Re 後継車について ばつ 2006/06/19 23:54
softbank219212048152.bbtec.net
>けんちゃんさん、くにびきさん
どもどもばつです。私なりの後継車考を一言。
現在、S型使用の路線については江ノ電などで採用されている
E−Vタイプの可能性が高いと考えます。現在の西工の生産状況から考えるとシャーシは日デかいすゞでしょう。場合によってはC型で日デシャーシもありえます。
九州内長距離路線についてはSD型かC型の日デシャーシ(実績ありのため可能性高し!)になっていくのでは?
問題は夜行長距離路線ですね。今まではほぼ例外なく三菱シャーシのSD型でしたがPJ規制以降、西工では三菱シャーシの生産実績はないと思われます。したがって三菱シャーシでのSD型の製作は厳しいのでは・・・となると日デシャーシの可能性がありますが、西鉄には採用実績がありません。ここで西鉄が大いなる決断をすると日デSDか純正三菱になるのではと推測いたします。セレガーラはないでしょう。夜行線での導入実績がほとんどないし構造的にも外板FRPだらけのセレガーラの車体構造を西工が再現できるとは思えません。
どうなるんでしょうねぇ

722 Re ここまで反響が大きいとは・・・ ジュニオール@ウェブマスター URL 2006/06/21 00:40
bbs12.otd.co.jp
 ども、ウェブマスターのジュニオールです。

 トップページで第一報をお伝えして丸2日。大分ナンバー初の新長期規制車に対する反響が予想以上に大きいことに、私自身も驚いているところです。しかも“ADG-”を飛び越えて、環境性能としてはさらに上を行く“PKG-”規制での登録だったという点も、非常に興味深くあります。

 ところで、先日けんちゃんから教えていただいた、“PKG-”という見慣れない排出ガス記号。どういう意味をなすのかを確かめに、日産ディーゼルの公式ページを覗いてみました。まず1桁目は、排出ガス低減の度合い。これまでの“A”(平成17年排出ガス規制適合)に加え、NOx(窒素酸化物)とPM(粒子状物質)を書く10%ずつ低減させた車両には“B”、PMのみ10%低減であれば“P”、NOxのみなら“N”のアルファベットがそれぞれ付与されます。2桁目は燃費基準達成の有無。未達成であれば“D”、達成されている場合は“K”が与えられます。3t以上の車両すべてに付与される、3桁目の“G”はこれまでどおり。排出ガス規制のさらなる細分化と、重量車燃費基準の新設により、新長期規制にかかわる排ガス記号の組み合わせは、8通りにまで増大することになりました。
 つまり、今回の“PKG-”であれば、従来の新長期規制に加え、PM10%低減と燃費基準達成という新たなハードルをクリアした事になります。“ADG-”以外の新長期規制適合モデルは、今のところ日産ディーゼル発売分のみですが、いずれはメーカー各社からリリースが行われることでしょう。

 いずれにせよ、今回の大分ナンバー初の新長期規制車登場。今後は営業用として、大分市内にいつ登場するのか。そして、県内事業者の導入はいつになるのか、注目です。


 明日の仕事のこともありますので、個々のレスは明日以降とさせていただきます。ご了承ください。

724 Re PKG-について くにびき MAIL 2006/06/21 22:47
p2115-ipbf201oomichi.oita.ocn.ne.jp
>ジュニオールさん
>ADG-”以外の新長期規制適合モデルは、今のところ日産ディーゼル発売分のみですが、いずれはメーカー各社からリリースが行われることでしょう。

 日産のスペースシリーズ以外にも日野がセレガで適合しています。ということは必然的にいすゞのガーラも適合しているでしょう。日野のプレスリリース↓
http://www.hino.co.jp/j/corporate/newsrelease/pressrelease/detail.php?id=105

あと今日の早朝に書いた奴が何故か消されていますが、恐らくインサイダー情報と判断されたのでしょう。しかし、
http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/lowgaskouhyou/
http://www.mlit.go.jp/jidosha/lowgas/lowgaskouhyou/hino-17.pdf
6月15日発表の国交省の「低排出ガス認定自動車に関する公表」のページ(上のアドレス)の平成17年基準の日野のPDF(下のアドレス)の一番下の所にPKG-RU1ESAA セレガと書かれています。なので、決してインサイダー情報ではありません。

725 Re ウクライナvsチュニジアを見ながらレス ジュニオール@ウェブマスター URL 2006/06/24 00:11
bbs12.otd.co.jp
 それでは、一部かいつまみながら個々のレスを。

>くにびきさん

 リンク先にあった国土交通省のページ、確認しました。日野公式に情報が無く、もしかしてと思っていたとこだったので、安心しました。個別のメールでも触れているので、ここでは簡潔な形でのレスということにします。
 そして、九州産交の福岡〜黒川線専用車。一目でそれとわかるラッピングで、観光地らしいデザインにも好感が持てます。ここまで目立つのであれば、むしろ方向幕はなくてもいいのでは?とも感じました。

>ばつさん

 新短期・長期規制が適用されて以降、西工+三菱の組み合わせが見られないのは、やはり気がかりなところではあります。ただ、もし本当に三菱への架装を中止するのであれば、何らかのアナウンスや情報が入るはずですし、遠くない将来、再び架装が実施される可能性は残されているのではないかと思います(例:新長期車発表分から)。とはいえ、グループ会社の中でも西鉄色の濃い九州観光が、新型セレガ導入を決断した例もあるので、架装再開までの“中継ぎ”として、西鉄本体が夜行用純正エアロの購入に踏み切る可能性はUDよりも、多少なりとも高いのではないかと見ています。中・長距離昼行用は例え三菱でなくとも、UDもしくはいすゞで問題ないでしょう。

>けんちゃん

 西工製ボディのエアコン装置について、正直言って私自身、これまで深く気にしたことはないのですが、ここまで融通が利くとは思いもよりませんでした。デンソー製なら私でも判別できるのですが(笑)、他のメーカーはさっぱりですね。この辺は勉強する必要があるなと痛感しているところです。
 さらに、個人的に気になるのは、移籍車で大分と関係の深い九州急行の車両選択。ばつさんへのレスでも取り上げましたが、三菱ふそうのシャーシにこだわった選択をしてくるのでは、と考えてるところです。または、新長期規制への対応を待って、導入を再開するパターンも捨てきれません。いずれにしろ、先が全く読めないのがもどかしいところではあります。


 で、明日の予定なんですが、大雨が予想されるとのことなので・・・ 日付が変わった現在でも、出かけるかどうか考え中です(汗)。

726 Re 時刻表など 急行玄海 2006/06/27 21:27
softbank219063188102.bbtec.net
きのう九州号(この日は大雨でJR線が一部運休にともない満席)に乗って長崎へ行き駅前ターミナルで県営バスの時刻表(無料(タダ)でしたので)をもらいに行きました。ちなみに表紙は今年はいったガミオノンステ。そういえば亀の井バスも時刻表は発行(無料?有料?)してるでしょうか?あれば購入したいですが・・・

西鉄HPによれば日田BCが7月13日リニューアルオープンされます。「九州の小京都」にふさわしく昭和をイメージにしたもので
コンビニも設置されます。

青バス高速で社番12754がディック学園のラッピングに変更になりました。(今まで同ラッピングだった12736はEXP色に変更かな?・・・)

>Re.新規制
92年登場のU-MS821/826で西工への供給は94年からであったためPJ-MS86JPの西工への供給はこれからといったところですので西鉄、九州急行、大分交通などに西工+PJ-MS86JPが登場の可能性も
ありそうですから心待ちにしましょう。

727 Re 日田の和風コンビニ楽しみ(・∀・) ジュニオール@ウェブマスター URL 2006/07/02 00:47
bbs12.otd.co.jp
>急行玄海さん

 ニュースでJRのディーゼル車両(キハ66系あたりかな?)が土砂に埋まってるのを見ただけなのですが、この前の大雨、長崎は大変だったようですね。最近は晴れ間の見える日もあるとはいえ、雨の予報ももうしばらく続いていますし、油断は禁物かなと感じています。
 西鉄の公式も確認しました。バックボーンに恵まれない日田バスだけに、今回の日田BCリニューアルが、少しでも同社にとっての力になってくれれば嬉しいです。個人的にも、最近デビューした“PKG-”の新長期車と共に、遠征の際の楽しみが一つ増えました。“和”をイメージした、コンビニの商品ラインナップにも期待したいところです。
 それと、亀の井の時刻表について。私の場合は毎回、別府駅の観光案内所で手に入れてます。無料ではないですが、1冊50円なので負担は微々たる物です。手作り感のあるところが特徴で、個人的にも好感が持てますね。他の販売箇所は・・・ちょっとわかりかねます。


 ここで、大分バス各子会社の最新情報も。まず竹田交通ですが、本体南営業所に在籍していた1854が移籍(なお、社内コードは12686から02050へ)。社名変更はもちろん、側面リアタイヤの社名表記付近にローマ字で、「OITA BUS GROUP」のロゴが新たに追加されたのことです。もしかすると、子会社にほぼ同様のロゴを付与させている、大分交通グループを意識した小変更なのかもしれません。(情報協力…けんちゃん)
 大野交通では、観光仕様のレインボーである1850と2065の2台がLEDの設置を受けたとのこと。昨年は大型の元貸切車で見られた「大改造」が、中型バスでも見られるようになったということです。LED追加によってどうイメージが変わったか、早ければ明日、もしくは明後日この目で確かめてこようと思います。(情報協力…豊後府内城さん)

728 Re んっ、なぜ佐伯に行くのに、大分表示? ビーワン 2006/07/14 21:59
cts165035.cts-net.ne.jp
 ジュニオールさん、みなさんこんばんはです。
 昨日ですがおもしろい物を見ました。
 それは大分→佐伯線を15−16が担当していたのか、通ろうとしてました。最初は、赤い文字表記があるので帰ってきたんだな、と思ったんですが、それが、通り過ぎる間際に良く見ると、佐伯駅に行くはずが、大分県庁前表示で通り過ぎ、唖然としました。
 えっ、今までその状態に気づかなかったのとか思ったりしました。たぶん運転手さんは、営業所に着いてびっくりしたことでしょう。
 ですがここからが、驚くべき事が、なんとその後5分後に17−24が大分から、帰ってきたではありませんか、最初なんで2台?とか思いました、ですが、もしかしたら渋滞していたのか?とも思ったんですが、実際そんなに混む事もないので、たぶん15−16の運転手さんの行き先表示ミスかな、と言う事で自分の中では解決したんですが、みなさんはどう思いますか?
とまあ、珍しい事を書いて見ました。
それではまた何かあれば書き込みに来ますね。

729 Re 日デと三ふ 急行玄海 2006/07/15 01:49
softbank219063188102.bbtec.net
某新聞にも載ってましたが両社の公式HPによれば新長期規制に対応して日デと三ふがバスの相互OEM供給を実施するそうです。日デ採用の尿素SCRが三ふにも採用されそうです。またエアロ車体と西工のネオ車体も現行で10年以降経ってるからそろそろ両社の車体のFMCに期待したいところ・・・これで国産のバスはいすゞ+日野のJBUSと日デ+三ふの2強体制となりそうです。

730 Re う〜む ばつ 2006/07/15 23:07
softbank219212048152.bbtec.net
どもども、ばつです。
日デと三菱の提携、OEM供給か〜
う〜む、とりあえず継続生産だけどいずれは西工C型は消えていくんでしょうねぇ。西工は路線バス専業メーカーに変わっていくんでしょうかね。ただ、観光バス系と大型路線の一部を三菱に回したとしても三菱から回ってくるノンステ路線と中型路線で西工の生産台数はまた増えるんでしょうねぇ。

731 Re 青線or赤線 超特急くにさき MAIL 2006/07/18 15:45
softbank220022100016.bbtec.net
初めまして、超特急くにさきと申します。
昭和40〜50年代、大分交通の旧カラーに、特急には赤いライン、空港特急には青いラインの車両が走っていました。その当時の資料や写真を探しています。現在、お持ちの方ありましたらご連絡お待ちしております。

735 Re 最近疲れモードだ・・・。 けんちゃん 2006/07/20 01:34
61-22-170-34.rev.home.ne.jp
 いつもお世話になっています。最近仕事の疲れからか、肩と首のこりがひどい今日この頃です。
 来年(平成19年)の3月末で廃止されるJR九州バス臼三線(臼杵−野津−三重町)が大分バスグループの臼津交通と大野交通によって引き続き運行されることになって一安心しました。車両はJR九州バスからの譲渡や補助金でまかなうとのこと。また、一日の運行本数や停留所の見直しを行い、補助金なども活用し黒字化を目指すということです。
 JR九州バス臼三線の廃止とその後の運行会社決定等のニュースはテレビや新聞で知りました。学生時代お世話になり、思い出が詰まった(JR九州バスの車両自体は譲渡の上、塗装変更されて残るにしても)赤一色のバスが消えるのは寂しいですが、これも現実として受け止めなければなりません。移管後の利便性向上に期待したいです。
 さて、話は変わりますが、7月13日に日産ディーゼル(以下日産)と三菱ふそうトラック・バス(以下三菱ふそう)から発表されたバスの相互OEM供給を実施するというニュース。以前、いすゞ自動車(以下いすゞ)と日野自動車(以下日野)がジェイバスとしてバス事業の統一を図るというニュースにも驚きましたが、日産と三菱ふそうがバスの相互供給をするというのは、ジェイバスが発足する以上の衝撃を受けました。
 ここ数年で日本のバスは大きく変わりました。富士重工業のバス事業撤退に始まり、いすゞと日野によるジェイバスの発足、そして今回の日産と三菱ふそうのバス相互供給という具合に、以前は考えられなかった事が起こっています。また、韓国からバスを輸入するという事も考えられませんでした。
 日産と三菱ふそうの相互供給でバスのデザインはどう変わるのか、日野セレガ・いすゞガーラのようにインパクトのあるデザインのバスを出すのかどうかも注目する必要がありますが、もっと大切なのは、日本のバスは何処へ向かうのか、どのような未来になるのか、またどうすればよいのかをバスメーカーやバス事業者、そしてバスファンを含めたバス利用者が真剣になって考えなければならない時期に差し掛かっているのではないかと考えています。
 少しおカタい話になりましたが、各バスメーカーの事業の統合によってメーカーの個性が失われるというネガティブな考え方はせずに、既存のメーカーの枠を超えたインパクトのあるデザインを持ったバスの登場に期待するというポジティブな考え方を持ちたいと思います。
 超特急くにさき様(懐かしい名前だな)
 大分交通の旧カラーについての写真はバスラマ95号に「大分交通のバスアーカイブス」としてモノクロの写真ですが、「空港特急」と側面に書かれいた大分交通の旧塗装をベースにした時代のエアライナーと白地に赤と深緑の専用塗装を纏っていた時代のエアライナーの写真が載っています。参考になれば幸いです。自分は小さい時に国東市(旧国東町)に住んでおり、大分市に出掛ける時はよく大分交通の国大線(当時は特急、現在は普通)に乗っていました。超特急も結構乗っていましたし、エアライナーにも乗ったことがあります。大分交通のバスがいわゆる「トラバス」から現在の「赤バス」に車体更新と当時の新車導入に合わせて変更されたのが昭和60年代(60〜62年頃?に順次変更)だったので(側面のOITA KOTSUのロゴがが現在の太字ではなく、斜めに書かれていた)その当時から平成の初めにかけての大分交通の思い出話と、平成8年以降の大分交通の情報ならお話できますが、昭和40〜50年代の情報は分かりません。国大線の超特急・特急・区間特急・普通便とエアライナーについても昭和60年代から平成の初め(1〜2年頃)と平成8年以降でしたら話せますし、エピソードも沢山あります。また、どのような車両が使われていたのか、運用についても記憶しています。時代がミスマッチしていますが、参考になればお話します。
 長々となりましたが、明日(というか今日)早く起きなければならないのに・・・。大丈夫かな?また新しい情報が北九州・下関地区で入り次第お伝えします。
 

736 Re ありがとうです。 超特急くにさき MAIL 2006/07/21 11:29
softbank220022100113.bbtec.net
はじめまして、けんちゃん様。
また、早速のご連絡ありがとうございます。いろいろと興味ある情報大変ためになります。
私は、高校卒業まで、同じ国東半島の「昭和の町」で生まれ育ちました。
大変お手数ですが、いろいろとお話したい事もありますので、直接メール頂けませんでしょうか。
仕事の関係で、直ぐには返信出来ない事もありますのでご了承ください。

737 Re 県外遠征は計画的に(;`〜´) ジュニオール@ウェブマスター URL 2006/07/25 00:04
bbs12.otd.co.jp
 というわけで、ウェブマスターの登場です(汗)。

 皆様、お待たせして申し訳ありませんでした。先々週の日曜は久々に、県外遠征を“思いつき”にて敢行。大分〜日田バスセンター〜久留米〜佐賀〜鳥栖〜福岡〜大分と回ってきました。当初の目的は「日田バスセンター(+昭和風コンビニ)の訪問」と「“PKG-”規制車の試乗」のはずが、予定通りだったのは前者のみ。あとは1日2便の「日田BC〜西鉄久留米」間の全線乗車と久留米ラーメン堪能、佐賀経由で鳥栖まで足を伸ばし、なぜかサガン鳥栖の試合を観戦(というよりむしろ偵察)、最後はJR経由で大分に帰るという、予定から思いっきり脱線した遠征となってしまいました。
 その中でも、バス分はしっかりと補給。西鉄のサービスレベルは言うに及ばずですが、一回のみの乗車だったとはいえ、同じく西鉄久留米を発着する堀川バスもの運転士さんも、西鉄に負けず劣らずマイクを多用していましたね。ちなみにこの時乗車したのは、臨港バスから移籍の日野ブルーリボンでした。型式はおそらく“P-HT233BA”ではなかったかと思います。次回はもう少し、しっかりした予定を立てて行動しようと考えています。とよのくにの最終便の予約をしてなかったばっかりに、余計に出費してドリームにちりんで帰還する羽目になってしまっただけに・・・

 Σ (゚Д゚;)ハッ! 日田BCで「瓶コーラ」体験するの忘れてた・・・orz 


>超特急くにさきさん

 はじめまして。今後ともよろしくお願いします。二重、三重での書き込みとなっていたので、重複分はこちらで消去させていただきました。ご了承願います。
 私も、生まれたのが昭和50年代半ばということ、長らく大分バスのエリアに居住している関係で、過去のエアライナーに関しては写真はおろか、情報もあまり持ち合わせていないのです。申し訳ありません。ただ、県立図書館には持ち出し不可ではあるものの、大分交通の社史が所蔵していたと思います。その当時のエアライナー旧カラー車も掲載してあったはずなので、そちらも参考にされてください。
 まったく違う話になりますが、超特急くにさきさんのハンドル名、何だか懐かしいです。そういえば国東市安岐町の空港通り沿いの某ラーメン店に、かつて大分交通で走っていた“超特急くにさき号”のプレートが飾られてありました。惜しむらくは、店の名前を失念してしまったことが・・・

>けんちゃん

 臼三線は主要都市同士を結んでいる路線なので、完全廃止には至らないと予測していたとはいえ、正式に路線存続が決まるとなるとホッとしますね。枝線の廃止や土日の便数若干減、JRバスが県内から消えることなど、失うものもそれなりにありますが、来年4月以降は臼津・大野両事業者での安全運行に期待したいものです。車両はJRからの譲渡が基本線となっていますが、臼三線、大分バス子会社とも日野車が主力なので、移行もスムーズに進むでしょう。特に臼津の場合、車齢25年に迫ろうかというグループがまとまって残存しているので、この部分でのサービス改善にも期待です。

>ばつさん、急行玄海さん、けんちゃん(UD、三菱相互OEM供給に関してまとめて)

 このニュース、私も大きな驚きをもって受け止めました。新短期規制の三菱+西工がいつまで経っても登場しないので、「新長期規制の際に再登場か?」と踏んでいましたが・・・ 想像すらつきませんでした。富士重工の撤退からここまで、日本のバス業界が想像をはるかに超えるペースで変革の波が押し寄せていることを、ひしひしを実感できます。
 相互OEM供給が始まるとなると、両社間での統合モデルの話も浮上するでしょう。日野、いすゞ連合が高インパクトのセレガを世に送り出しているだけに、これに匹敵する、あるいは上回るようなニューモデルも、遠くない将来に誕生するものと思われます。
 過疎化やマイカー社会<の進行による乗客減、新車を手控え他所からの移籍車を採用する例の増加、さらには韓国・大宇の観光バスに見られるような、外国産車の勢力拡大の兆候。4メーカーが一気に2グループに集約された理由も、このあたりに有るのではないでしょうか。バスメーカーを取り巻く環境は、さらに厳しくなると予想されます。それだけにバスファンだけでなく、一般の方々からも注目を集めるような夢のあるモデルの登場、大いに期待したいところです。UDと三菱、さらに西工。よりよい方向での化学反応を期待します。

>ビーワンさん

 このような行先関係のミス、意外とありがちなんですよ。LED普及以前の大分バス市内線でも、中心部から近郊、郊外へと向かっているはずなのに、なぜか行き先表示は「大分」だったり、その逆も見受けられました。これが路線仕様の車両なら、内部からでも気づくことができ、信号停車などの際でも変更することは可能なのですが、問題はビーワンさんの遭遇した、「フロントガラスより下に方向幕を装備する車両」の場合です。
 この手の車両の場合、幕の表示を変えるときには一度バスを降りて、車外で操作する必要があります。全てに当てはまるかはわかりませんが、少なくとも、ガラス〜バンパー間に装置を増設している元貸切車は、ほぼ例外なくこのタイプです。ということは、本来とは異なる方向幕を表示させたまま運用に入ると、路線バスと違って誤表記に気づきにくいため、ビーワンさんが見られたような現象が発生してしまうわけです。現在、LEDを積極的に採用した大分バスでは、こういった表記ミスはほぼ“0”となりましたが(あくまで私見の範囲で)、ロール幕が大勢を占める事業者もまだまだありますので、運転士の方々にはこの点にも是非、気をつけてもらいたいところですね。

 メールの返信は明日以降行います。もうしばらくお待ちください。

738 Re お久しぶりです いさな 2006/07/29 01:22
cts59020.cts-net.ne.jp
ジュニオールさま 御無沙汰しております。
トリニータ絶好調につき旨い酒を飲まれてるのではなかろうか?と察します。
色んな話題があって楽しいですね〜。特に旧特急編は懐かしく感じますよ!当時小学生くらいだったかな?
国東特急の赤ラインは今でも覚えてますよ!青があったってのは初めて聴きました!早速調べなければ…(元職員なのに知らず)
色んな車両があったンだろうけど…記憶に有るのは西工のカマボコ、窓は斜めメトロ、フロントには特の銘板付き。まさに特別急行でしたよ!新大分空港(後に大分空港)行きは当時エアライナーとは呼ばれておらず、旧イエロー塗装(トラバス)の横腹に空港特急と書かれており、フロントは行灯だった様な気がします。エアライナーの名は一般公募によって付けられた名で、結果無難な名に落ち着いてガッカリした記憶があります。なんか京成のパクリですよね〜。○交のベースカラーはイエローだったので次点候補としてイエロー○○○とか何点かありましたね〜あ〜懐かしい。また県南、西部も対抗するかの様に各営業所が特急を走らせましたね〜。佐伯(営)だけで3系統。しろやま(佐伯駅⇔大分)、はまゆう(蒲江西の浦⇔大分)、うめ(佐伯駅⇔重岡、小野市)○交と同じく西工カマボコなんだけど青バスの場合はちょっと違うGMモデル。フロントガラスが拡張窓になってて一見アメリカのバスっぽい感じでしたよ!逆家型の行灯が凛々しかったです。エアライナー的なモデルとしては県外行きのやまびこ号でしょう…年がばれそうで恐いンですけど。

行先表示ミスなんですけど…運転席側でサブモニターとか何ンかとか有るンですかね〜?あまり乗らないンでわかりませんが…。
ロール式なら確認窓が有りますよね。
これも地方柄なんでしょうけど、鉄道では最終駅手前で表示を替える傾向にあります(接続の関係で)。特に上りにちりんに関しては西大分付近で既に宮崎空港、南宮崎に表示が変わっております。
バスの場合も車庫入庫中は上り表示になってるので手前で操作してるンじゃ〜ないでしょうかね〜。ロール式は、運転しながらの操作変更はやり辛そう?、でもLED式は簡単に操作出来るンでしょうね〜あくまでも推測ですけど…

740 Re メルヘン塗装さらに増える とよのくに 2006/07/31 10:55
p1024-ipbf205oomichi.oita.ocn.ne.jp
お久しぶりです。
昨日、亀の井バスの大分200か・・79が、新たにメルヘン塗装に変更されているのを確認しました。
前回の大分200か・・24の塗装変更時期から考えると、若干早い時期の塗装変更となりました。